2016年05月28日

ジョギング その②

 先日、ジョギングを楽しんでいる‥‥という話を書きました。
 ヘロヘロになりたいので走っています。
 で、時速8kmのペイスだと2時間走っても3時間走っても疲れないので、気を良くして時9kmに上げたところ1kmでヘロヘロでした。いい感じです。これは楽しめます。

 時速8kmのペイスでも、4時間走れば疲れるはずです。5時間だとイヤになるはずです。
 というのも、4時間だと走行距離が30kmを超えるからです。5時間だと40kmです。
 ウォーキングでもそうですが、30kmを超えると疲れを実感できます。20kmは笑っていられますが30kmを超えると急激に疲れます。脚も足も痛くなります。
 ということで、明日、4時間耐久を試してみます。
 4時間を完走できたら次は5時間耐久です。理想的には8時間耐久まで行きたいものです。

 4時間耐久の場合、水分補給をどうするかが課題です。
 1時間ごとに3分間の休憩を入れ、水分補給を考えていますが、それで足りるのかは分かりません。外気温が20度以下なら、それでも行けると思いますが、25度を超えてくると分かりません。30度を超えるようだとムリです。30分ごとに水分補給しないと走れません。


 4時間耐久で、どれほどヘロヘロになるのか?
 それが一番の楽しみです。

 そうそう。
 ウチの営業(元・陸上部)に話を聞いたところ、フルマラソンを時速19kmで完走していたそうです。
 練習で公道を走っていたとき、自転車がジャマだったと言っていました。
 たしかに、それだと自転車よりも速いなぁ‥‥。
  


Posted by mac-japan  at 07:00

2016年05月27日

税関

 本日、税関まで行ってきます。
 グリップが届いた‥‥わけではなく、だからと言ってヤバイものが届いたわけでもなく、女の子用のプレゼントが届き、それの受け取りです。
 出かけるのは時間の無駄でもありますが、発送はしてくれないという連絡があったので、これはもう仕方がありません。

 明日は大阪取材なので、税関から戻ったら、そっちの下準備です。
 まあ、下準備と言っても、カメラとメモ帳くらいですけど。
 カメラもコンパクトデジカメなので小さく軽く、楽ではあります。
  


Posted by mac-japan  at 12:00

2016年05月27日

原稿書き

 先日、「新幹線の中では原稿書き‥‥」という話を書きました。
 何の原稿かというと、MJマガジン7月号に掲載の「ビアンキカップへの道 番外編」です。これは第二特集で16ページあります。
 書いてみたい話があって、どういう形で書き上げようか‥‥と、少し前からツラツラと考えていて、結果的に「ビアンキカップへの道 番外編」となったわけです。

 「ビアンキアップへの道」は、私が29歳の時から35歳までの7年間、コンバットマガジンに連載記事として掲載されたものです。
 7年間の連載‥‥と言っても1年ごとに区切られ、その1年の連載jも一話完結のスタイルでした。唯一、最後の年の連載のみ続き物として書き上げました。
 もう20年以上も前の作品です。若くて、知識も経験も技術もないままに書きました。そのため、今から読み返すとボロボロです。(泣
 ただ、作品自体は未熟であるものの、現在では出せないパワーがあります。信じられないくらい全力です。
 今、同じ作品を書こうと思っても書けません。そんなパワーはありません。死にます。

 歳を取ってパワーはありませんが、かわりに、ジジイになった分、広さと深さは増しました。
 56歳になった自分が、どんな「ビアンキカップへの道」を書くのか、書けるのか。そのことに興味があり、書くことにしました。

 それが書けたら、いよいよ人生最後の仕事に掛かります。
 『ひとつぶの砂 イチロー永田・物語』です。
  


Posted by mac-japan  at 07:00

2016年05月26日

スーパーマグナム(笑

 昨夜、急ぎの仕事があったので夢中で進めていたところ、気が付いたら朝でした。正確には午前5時でした。そこで寝てしまうと起きるのがお昼になる恐れがあり、午前10時には約束もあったので、寝るのはあきらめ、次のカスタムガン製作に取りかかりました。

 以前からCPカートリッジやPFカートリッジのパワーを引き出すカスタムを考えてきましたが、量産ではなく、一点モノで限界を極めたいと、実はひそかに狙っていました。浮いた時間があったので、その「限界パワー」に挑戦しました。
 モデルガンは何でもよいのですが、限界パワーに耐えるとなると機種を選ばないとダメです。近年のセンター発火仕様は最初からダメダメです。全く耐えられません。

 そこで、安価で入手できるモデルのベレッタM84をベイスにしました。




 旧型のサイド発火モデルです。旧型はブロゥバックパワーを2倍まで上げても壊れません。
 で、最初にデトネイターを試作しました。「限界パワー」を出すには長さ調整が重要ポイントであることは分かりやすいと思いますが、実は、デトネイターの太さもパワーと密接な関係にあります。こっちは、知らない人が多いはずです。まだ誰も記事にしたことがありませんから。

 デトネイターに続きカートリッジも加工し、最後にフィッティングです。
 そうやって完成させたベレッタM84ですが、想像以上にパワーアップです。計算したところ、限界値の137%でした。
 「限界値」というのは、「もうこれ以上はパワーを引き出せない」という値のことです。
 キャップ火薬1個のままで、発火音もマズルフラッシュも、そしてブロゥバックパワーも上がっています。
 どう表現してよいのか分からないので、「スーパーマグナム」としました。「リミテッドマグナム」でもよいかもしれません。


 これは量産できないので、全国のマニアに試してもらえないのが残念です。
 仕方がないのでモデルガン発火イベントに持って行って、撃ってもらおうかと考えています。
 イベントで撃ってもらうなら、ついでなのでブラウニングHPの旧型モデルとワルサーP38でも試作してみます。
 完全に、『CPカートリッジ < PFカートリッジ」 です。

  


Posted by mac-japan  at 16:55

2016年05月26日

MJマガジン取扱店

 MJマガジンを購入したいのですが、どこで買えますか?

 と、そんなお問い合わせが、時々あります。
 入手しにくくてスミマセン‥‥。

 これまで制作が手いっぱいで販路の拡大は手つかずでした。が、販路が広がらないと読みたい人に届きません。
 で、昨日、神保町の「書泉グランデ」という本屋さんへ行ってきました。
 次号のMJマガジンから、取り扱っていただけることとなりました。6月末に発行される7月号からの取り扱いです。
 5階にガンコーナーというかミリタリーコーナーがあり、そこには、SATマガジンやCOMBATマガジン。アームズマガジンもGUNプロフェッショナルズもあります。それ以外のGUN関連、ミリタリー関連の雑誌、書籍があります。
 そこに、MJマガジンも仲間入りです。

 さらに、そのGUN&ミリタリーコーナーに、モデルガンやエアガン(および関連商品)の販売スペイスも頂けることとなりました。
 どういった使い方をするのか? 何を販売するのか?
 今後、少しずつ紹介していきます。

 それと、書泉グランデでは、6月4日・5日にミリタリーマーケットが開催されます。5日にはマックジャパンも参加します。
 ただ、参加することは決まったものの、まだ何をするか決まっていません。(笑
 エアガンシューティングイベントができるといいなぁ‥‥。


MJマガジン7月号。 UZIサブマシンガンのリポートでの1コマ。


  


Posted by mac-japan  at 07:00

2016年05月25日

新幹線

 次の土曜日は大阪です。ショットショウジャパン、ショップ、フィールドの取材です。
 大阪なので往復は新幹線です。つまりは5時間ほど、時間が作れます。
 いつもは喜んで読書ですが今回は原稿書きです。書き進めたい原稿があるので執筆です。

 原稿書きで便利なのがポメラです。これはワープロです。
 それならPCでよいだろうに‥‥という意見もあるはずですが、文章を書くことに特化したポメラの方が、ウンと便利です。
 いつでも持ち歩き、時間があれば取り出して原稿を書きます。

 これで、往復5時間も飽きません。
  


Posted by mac-japan  at 10:16

2016年05月24日

シュマイザーMP40 キットモデル

 入荷したのはず~っと前でしたが、出品し忘れていた(泣)のが、シュマイザーMP40です。今回はキットモデルです。




 キットモデルにはカートリッジが5発、付いています。が、それでは楽しめません。
 そこで、カートリッジ25発と爆音プラグ30個を合わせた、お買い得セットを用意しました。
 シュマイザーMP40の購入を予定している方は、輸入品マーケットを覗いてください。

 で、すでにカートリッジは持っている‥‥というモデルガンマニアには、キット本体のみの販売も行っています。
 そっちも、超お買い得であります!


  


Posted by mac-japan  at 07:00