2017年11月20日

お問い合わせ

 本日、メールでのお問い合わせがありました。木製グリップに関するものでした。

 これまでにもグリップに関するお問い合わせは定期的にありました。人気です。
 で、今回のお問い合わせですが、要約すると、「今後、木製グリップの入荷数は減っていきますか」でした。
 これは減る一方です。

 S&W社のリボルバの木製グリップですが、1993年か1994年が最後だったと思います。1995年以降に製造されたものは、昔からのデザインではなく、アルタモント社とのOEMだったはずです。
 昔からのガンマニアとすれば、1970年代や80年代の、あの木製グリップが欲しいところですが、それらは1990年代の初めに「終了」です。
 つまりは、25年前に終了です。

 そのため、年々、木製グリップは見かけなくなっています。3年後には「絶滅危惧種」の仲間入りです。
 これからコレクションを増やすのは、もう、とてもとても大変です。金額もですが、そもそも、見かけないからです。
 思い返すと、3年前が最後だった感じですね。3年前の春が最後で、その後は入荷量も1/3になり、現在は1/5です。

 探していたグリップを見かけたときは、早めに入手するのが良いです。






Posted by mac-japan  at 16:21